衆議院秘書協議会

公設秘書とは

公設秘書とは、国費によって国会議員に付される秘書のことです。つまり、公設秘書の給与は国から支払われ、身分は国家公務員特別職となります。現在は、一人の議員につき、第一秘書、第二秘書、政策担当秘書と3人の公設秘書を雇用することができます。

1947年に施行された国会法により、当初は「事務補助員」という名称でしたが、48年改正により、「秘書」の名称に変更。63年改正で 人数が1人から2人に増員されました。その後、国会議員の政策立案能力等を高めるために、93年改正で「主として政策立案及び立法活動を補佐する秘書一 人」を政策担当秘書として採用できるようになりました。

政策担当秘書になるためには、学歴による制限はありませんが、「国会議員政策担当秘書」の資格試験に合格するか、または一定の条件を満たし選考採用審査で認定される必要があります。詳しくは「国会議員政策担当秘書資格試験」をご覧ください。

衆議院インターネット審議会中経